コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾池松湾 おいけ しょうわん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾池松湾 おいけ-しょうわん

1790-1867 江戸時代後期の医師,詩人。
寛政2年生まれ。尾池桐陽(とうよう)の次男。漢詩を菅茶山(かん-ちゃざん)にまなぶ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩の藩医となるが,致仕して詩をつくってくらした。晩年中島棕隠(そういん)と七言律詩130首を唱和して話題となった。慶応3年9月2日死去。78歳。名は世璜。字(あざな)は玉民。通称は享平。別号に梅隠。著作に「梅隠詩稿」「穀似集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾池松湾の関連キーワードゲーテイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵ヨーゼフヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳ネーミアフェルディナンド3世[トスカナ大公]ウルストンクラフト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone