コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾池松湾 おいけ しょうわん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾池松湾 おいけ-しょうわん

1790-1867 江戸時代後期の医師,詩人。
寛政2年生まれ。尾池桐陽(とうよう)の次男。漢詩を菅茶山(かん-ちゃざん)にまなぶ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩の藩医となるが,致仕して詩をつくってくらした。晩年中島棕隠(そういん)と七言律詩130首を唱和して話題となった。慶応3年9月2日死去。78歳。名は世璜。字(あざな)は玉民。通称は享平。別号に梅隠。著作に「梅隠詩稿」「穀似集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾池松湾の関連キーワードゲーテイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミアフェルディナンド3世[トスカナ大公]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android