鶏冠(読み)とさか(英語表記)comb

翻訳|comb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏冠
とさか
comb

ニワトリなど,キジ科の一部のにみられる頭上肉質冠状突起をいう。形状によって,単冠,ばら冠,えんどう冠などが区別される。その機能は雌雄識別ディスプレイのためのもので,雌より雄でよく発達しており,発達の程度は性ホルモンの影響を受ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいかん【鶏冠】

ニワトリのとさか。

とさか【鶏冠】

ニワトリ・キジなどの頭部についている肉質紅色の冠状のもの。とりさか。さか。
[句項目] 鶏冠に来る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶏冠 (ケイトウ・カラアイ)

学名:Celosia cristata
植物。ヒユ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐かん ‥クヮン【鶏冠】

〘名〙
ニワトリのとさか。〔曹丕‐与鍾繇謝玉書〕
② (「けいかんか(鶏冠花)」の略) 植物「けいとう(鶏頭)」の異名。
※翰林葫蘆集(1518頃)三・玉樹後庭花「猶似隋兵門外闘、花残庭下矮鶏冠」 〔本草綱目‐草部・鶏冠・集解〕
譬喩尽(1786)五「松脂を和の琥珀雄黄(ケイクン)と唱ふべしと台命也」

と‐さか【鶏冠】

〘名〙
① 鶏の頭上にある肉質の扁平な突起で、正中線上に直立し上端は掌状に分かれる。雄性ホルモンの作用で発達する。さか。とりさか。けいかん。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※虎明本狂言・鶏聟(室町末‐近世初)「其ゑほしにては、鶏のとさかに似ぬに、それがし聟入した時のゑほしが有かさう」
② 「とさかのり(鶏冠海苔)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・炭俵(1694)下「冬枯の礒に今朝みるとさか哉〈芭蕉〉」
③ 歌舞伎の鬘の一つ。女形で、前髪の毛を切り、左右に割ったもの。滝夜叉、切られお富など悪婆の役に用いる。

とっ‐さか【鶏冠】

〘名〙
※杜詩続翠抄(1439頃)一四「凡雄雞 とっさか也」
※日蓮遺文‐南条兵衛七郎殿御返事(1281)「塩一駄・大豆一俵・とっさか一袋・酒一筒給候」

とり‐さか【鶏冠】

〘名〙 =とさか(鶏冠)①〔和玉篇(15C後)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶏冠の関連情報