局方(読み)きょくほう

精選版 日本国語大辞典「局方」の解説

きょく‐ほう ‥ハウ【局方】

〘名〙
① 中国、宋の太医局で定めた処方の書。また、一般に、薬剤の調剤法。
※蘭東事始(1815)下「蘭書記語の一小冊を授けて写しめ、又、彼の局方の書を読しむ」
② (「やっきょくほう(薬局方)」の) 薬剤処方分量などの標準を規定した法令

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の局方の言及

【薬局方】より

…重要な医薬品について,その性状,品質,製法その他の基準を定めたもので,一般に法的強制力をもつ公定書のことを薬局方,略して局方という。薬局方の英語はラテン語のpharmacopoeaにさかのぼり,その語源はギリシア語のpharmakon(薬)とpoiia(作り方)の組合せに由来する。…

※「局方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android