コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 つぼね

8件 の用語解説(局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


つぼね

宮殿内の屏風几帳 (きちょう) などで区画されて設けられた部屋,転じてそこに居住を許された女房などをいう。局の称は,『令義解 (りょうのぎげ) 』に「太政官内総有三局 (少納言局左弁官局右弁官局) 」を初見とし,以来,江戸時代まで,宮廷に奉仕する女官や幕府の大奥の女中などの称として用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょく【局】

[名]
官庁などで、業務分担の大きな区分。また、それを扱う部署。部・課などの上にある。
郵便局」「放送局」などの略。
当面の事件・仕事・職務。「そのに当たる」
囲碁・将棋などの盤。また、その盤を使ってする勝負。「に向かう」
[接尾]助数詞。囲碁・将棋などで、対局数を数えるのに用いる。「碁を三打つ」「名人戦第五

きょく【局】[漢字項目]

[音]キョク(漢) [訓]つぼね
学習漢字]3年
〈キョク〉
小さく仕切る。仕切られた部分。「局限局所局地局部限局
役所などの業務分担の区分。「局員局長医局開局支局当局部局薬局
(跼(きょく)と通用)曲がりちぢまる。「局蹐(きょくせき)
碁盤や将棋盤。また、その一勝負。「局面一局棋局結局終局対局
情勢。「危局時局政局戦局大局難局破局
〈つぼね〉「長局
[名のり]ちか
[難読]美人局(つつもたせ)

つぼね【局】

宮中や貴人の邸宅で、そこに仕える女性の居室として仕切った部屋。また、大きな建物の中を臨時に仕切ってつくった部屋。曹司(ぞうし)。
「ある御達の―の前を渡りけるに」〈伊勢・三一〉

1を与えられている女房・女官。
「日本紀の御―とぞつけたりける」〈紫式部日記
㋑将軍家などに仕える地位のある女性を敬っていう語。「お万の」「春日の
下級女郎がいる部屋。
「都に近き女郎の風俗も変はりて、はし―に物言ふ声の高く」〈浮・一代男・五〉
局女郎(つぼねじょろう)」の略。
「格子、―といふこともなく」〈浮・一代男・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

局【つぼね】

女官の部屋。名の由来は壺のように間仕切りがあるため。並んでいる場合は長局,局町とも。転じてその住人である女官。近世では下級の女郎(局女郎)の異称。
→関連項目女房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つぼね【局】

殿舎の中の仕切られた部屋を意味し,とくに宮中や貴人に仕える女房の私室をいい,転じて局の持主を指す称となった。位階を冠して一位局,二位局などと称し,あるいは官職を冠して大納言局,中納言局などというのは上﨟の女房で,按察使局(あぜちのつぼね),小督局(こごうのつぼね)などはこれに次ぐ。また中世以降宮中の重要な地位となった勾当内侍(こうとうのないし)は,その候所が紫宸殿から清涼殿に通ずる長橋の傍にあったので,長橋局とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょく【局】

[1] ( 名 )
官庁・会社などで、業務の内容に応じて機構を分割する場合の単位の一。普通、部・課より大きい。
「郵便局」「放送局」「電報局」などの略。
当面している仕事・職務や事態。 「 -に当たる」
( 接尾 )
助数詞。囲碁・将棋などの勝負を数えるのに用いる。 「三-続けて勝つ」
[句項目]

つぼね【局】

宮中などの殿舎で女官・女房などの私室として仕切られた部屋。
に住む女官・女房。 「日本紀の御-とぞつけたりける/紫式部日記」
宮中や公卿・将軍家などに仕え、重要な地位にある女性を敬っていう語。 「長橋の-」 「春日の-」
大きな建物の中で臨時に仕切りをつけて設けられた部屋。 「この男の-のまへに/平中 7
近世、下級女郎の居る部屋。 「鼻歌をうたひ席駄をひきずり、-の口に立ち/仮名草子・東海道名所記」
「局女郎つぼねじよろう」の略。 「格子・-といふ事もなく/浮世草子・一代男 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局の関連キーワード宮内うちひさす偶・宮・寓・遇・隅宮地宮前宮前町宮〈村〉宮里宮町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

局の関連情報