(読み)つぼね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


つぼね

宮殿内の屏風几帳 (きちょう) などで区画されて設けられた部屋,転じてそこに居住を許された女房などをいう。局の称は,『令義解 (りょうのぎげ) 』に「太政官内総有三局 (少納言局左弁官局右弁官局) 」を初見とし,以来,江戸時代まで,宮廷に奉仕する女官幕府大奥女中などの称として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく【局】

[名]
官庁などで、業務分担の大きな区分。また、それを扱う部署。部・課などの上にある。
郵便局」「放送局」などの略。
当面の事件・仕事・職務。「そのに当たる」
囲碁・将棋などの盤。また、その盤を使ってする勝負。「に向かう」
[接尾]助数詞。囲碁・将棋などで、対局数を数えるのに用いる。「碁を三打つ」「名人戦第五

きょく【局】[漢字項目]

[音]キョク(漢) [訓]つぼね
学習漢字]3年
〈キョク〉
小さく仕切る。仕切られた部分。「局限局所局地局部限局
役所などの業務分担の区分。「局員局長医局開局支局当局部局薬局
(跼(きょく)と通用)曲がりちぢまる。「局蹐(きょくせき)
碁盤や将棋盤。また、その一勝負。「局面一局棋局結局終局対局
情勢。「危局時局政局戦局大局難局破局
〈つぼね〉「長局
[名のり]ちか
[難読]美人局(つつもたせ)

つぼね【局】

宮中や貴人の邸宅で、そこに仕える女性の居室として仕切った部屋。また、大きな建物の中を臨時に仕切ってつくった部屋。曹司(ぞうし)。
「ある御達の―の前を渡りけるに」〈伊勢・三一〉

1を与えられている女房・女官。
「日本紀の御―とぞつけたりける」〈紫式部日記
㋑将軍家などに仕える地位のある女性を敬っていう語。「お万の」「春日の
下級女郎がいる部屋。
「都に近き女郎の風俗も変はりて、はし―に物言ふ声の高く」〈浮・一代男・五〉
局女郎(つぼねじょろう)」の略。
「格子、―といふこともなく」〈浮・一代男・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

局【つぼね】

女官の部屋。名の由来は壺のように間仕切りがあるため。並んでいる場合は長局,局町とも。転じてその住人である女官。近世では下級の女郎(局女郎)の異称。
→関連項目女房

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぼね【局】

殿舎の中の仕切られた部屋を意味し,とくに宮中や貴人に仕える女房の私室をいい,転じて局の持主を指す称となった。位階を冠して一位局,二位局などと称し,あるいは官職を冠して大納言局,中納言局などというのは上﨟の女房で,按察使局(あぜちのつぼね),小督局(こごうのつぼね)などはこれに次ぐ。また中世以降宮中の重要な地位となった勾当内侍(こうとうのないし)は,その候所が紫宸殿から清涼殿に通ずる長橋の傍にあったので,長橋局とよばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょく【局】

[1] ( 名 )
官庁・会社などで、業務の内容に応じて機構を分割する場合の単位の一。普通、部・課より大きい。
「郵便局」「放送局」「電報局」などの略。
当面している仕事・職務や事態。 「 -に当たる」
( 接尾 )
助数詞。囲碁・将棋などの勝負を数えるのに用いる。 「三-続けて勝つ」
[句項目] 局を結ぶ

つぼね【局】

宮中などの殿舎で女官・女房などの私室として仕切られた部屋。
に住む女官・女房。 「日本紀の御-とぞつけたりける/紫式部日記」
宮中や公卿・将軍家などに仕え、重要な地位にある女性を敬っていう語。 「長橋の-」 「春日の-」
大きな建物の中で臨時に仕切りをつけて設けられた部屋。 「この男の-のまへに/平中 7
近世、下級女郎の居る部屋。 「鼻歌をうたひ席駄をひきずり、-の口に立ち/仮名草子・東海道名所記」
「局女郎つぼねじよろう」の略。 「格子・-といふ事もなく/浮世草子・一代男 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局の関連情報