居合抜(読み)いあいぬき

精選版 日本国語大辞典の解説

いあい‐ぬき ゐあひ‥【居合抜】

〘名〙
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「どいつでも妨すると脳頭から桶据迄、ト居合抜」
② 長い刀を抜いて見せる芸。また、それをする人。江戸時代に盛り場の大道で芸を見せて人を寄せ、薬や歯みがきを売った。
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「懸盤に杯台、茶台のうへに茶碗をのせ、さも居合(ヰアイ)ぬきの踏台のごとく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android