居合(読み)いあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

居合
いあい

機にのぞんで迅速に抜刀し,相手を斬る古武術の一つ。真剣を使って心身の鍛練と刀の操法を訓練する。すわっての抜刀が基本だが,立ち抜きも行う。室町時代末期に林崎甚助重信から起り,のちに田宮流伯耆流,長谷川流,大森流など数多くの支流が出た。居合 (いあわす) と訓読するのが正しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

居合【いあい】

古武道の一種。現在は居合道として普及。古くは坐合,抜刀などとも呼ばれた。機に臨み,一瞬にして刀を抜き放ち相手を切る技法。座姿勢でのいわゆる居合と,立姿勢での立居とがある。戦国時代林崎甚助重信が始めた林崎神明夢想流が最初とされ,のち田宮,片山伯耆(ほうき),新田宮,長谷川,大森など諸流が出た。なお江戸末期になると俗に〈居合抜き〉という一種の見世物芸にも利用されるようになり,松井源水,長井兵助らが著名であった。
→関連項目神道流

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いあい【居合】

現在,居合道と呼ばれるが,古くは居相,坐合,抜刀,抜剣,鞘の中(うち)などとも称した。戦国時代,戦場における急な変に対処し,すばやく腰の刀を抜いて敵の攻撃に応じ,敵を制するための武術として編み出されたものである。これが江戸時代になって治世における武術としての性格を強くし,刀の鯉口(こいぐち)の切り方,柄への手の掛け方,抜き方などの基本的所作を身につけるとともに,平生の屋内や往来における急な変に対応するための武術として武士のたしなみとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いあい【居合】

武芸の一。抜刀の瞬間に相手をきる技。座った状態からの抜刀を基本とする。居合道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐あい ゐあひ【居合】

〘名〙
① 片膝をついたまますばやく刀を抜いて敵を切るわざ。戦国時代、元亀、天正(一五七〇‐九二)の頃、林崎重信が創始したものと伝える。近世には、長い刀を気合いとともに抜く術をもいうようになった。現代では、立ったまま、すばやく刀を抜いて切りつける技も含んでいう。居合い抜き。居合い術。
※俳諧・鴉鷺俳諧(1646)「放家師(ほうかし)の手にとる玉は月にみえて〈立圃〉 はやき居あひは露もぬからず〈宗利〉」
※読本・昔話稲妻表紙(1806)四「かの大太刀はもと居合(ヰアヒ)の刃引太刀なれば」
② 中世、検注にあたって、具体的に測量を行なわず、既存の検注帳記載の数量を事実とみなすこと。居たままで合わせること。
※肥後阿蘇文書‐建久六年(1195)二月八日・肥後国留守所下文案「甲佐宮居合参拾伍町内、所残者可浮免田内也」

い‐あ・う ゐあふ【居合】

〘自ハ四〙 その場に居る。居合わせる。
讚岐典侍(1108頃)下「わざと出だしたるとはなくて、はづれてゐあひたるやうにせよとて」
※談義本・銭湯新話(1754)二「明日参らふと立出れば、居合たる人人、あれはどこの親仁かしらぬが、扨よふ覚た事かな」

い‐あわ・す ゐあはす【居合】

[1] 〘自サ下二〙 ⇒いあわせる(居合)
[2] 〘自サ五(四)〙 =いあわせる(居合)
浮世草子世間胸算用(1692)三「同じ奉公でも、こんなお家に居合すが其身の仕合(しあはせ)

い‐あわ・せる ゐあはせる【居合】

〘自サ下一〙 ゐあは・す 〘自サ下二〙 ちょうどその場に居る。
※太平記(14C後)一七「池田と綿貫とは、時節東坂本へ遣はされて不居合は」
※咄本・醒睡笑(1628)四「となりの女房その下にゐあはせ」

い‐やい ゐやひ【居合】

〘名〙 「いあい(居合)」の変化した語。

おり‐あい をりあひ【居合】

〘名〙
① その場面や時期にうまく合うこと。また、適当な時期。
※舞正語磨(1658)上「満座の上下〈略〉悲涙地をうるほせりとなん。名人のする能は、用意もなけれども、かやうに奇代(きたい)のおり合あり」
② しずまり落ち着くこと。おさまること。
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「日本の諸色が殖(ふへ)てくればをひをひに居合(ヲリアイ)が付(つい)てくるから」

おり‐あ・う をりあふ【居合】

〘自ハ四〙
① ある場所でいっしょになる。居合わせる。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「或山寺法師、在家の俗と湯屋にをりあひてよも山の物語しけるに」
② しずまり落ち着く。おさまる。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
金毘羅(1909)〈森鴎外〉「博士は跡の成行を多少気遣ったが、〈略〉その儘好く居り合ってしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の居合の言及

【松井源水】より

…松井家の元祖玄長は,越中礪(砺)波(となみ)の出身で,霊薬反魂丹(はんごんたん)を創製し,2代目道三のときに富山袋町に移住して,武田信玄から売薬御免の朱印を受けた。延宝・天和(1673‐84)のころに,4代目玄水が江戸へ出て反魂丹を売りはじめたが,その宣伝,販売のために,箱枕をいろいろと扱う曲芸〈枕返し〉や居合抜きなどを演じた。享保(1716‐36)ごろには,居合抜きのほか曲独楽(きよくごま)(独楽)を演ずるようになり,将軍家重の浅草寺参詣のおりには上覧に供して御成(おなり)御用の符を拝領した。…

※「居合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居合の関連情報