コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居成り イナリ

デジタル大辞泉の解説

い‐なり〔ゐ‐〕【居成り】

動きが感じられないこと。そのままの状態にあること。
「今日見れば花も杉生(すぎふ)になりにけり風は―に吹くと見れども」〈散木集・六〉
奉公人が年季があけても、そのまま奉公を続けること。また、その奉公人。重年(ちょうねん)。 春》
「この春も盧同(ろどう)が男―にて/史邦」〈猿蓑
役者が2年以上にわたって同一の座に出演すること。また、その役者。
「―、新下り、総座中残らず罷り出て」〈根無草・二〉
遊女が同一の郭(くるわ)に勤め続けること。また、その遊女。
「―にゐれば、借銭も先づ其のぶん」〈浄・女腹切
居抜き」に同じ。
「この紙屋、借宅(しゃくたく)を―に買ひ求めけるに」〈浮・桜陰比事・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いなり【居成り】

そのまま動かずに居ること。
江戸時代、奉公人や遊女が年季を過ぎてもそのまま続けて奉公すること。重年ちようねん
江戸時代、役者が契約切れになっても引き続いて同じ劇場に出演すること。 〔当時は一年契約であった〕
居抜き 」に同じ。 「この家を-に買うてくれぬか/浄瑠璃・近頃河原達引」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

居成りの関連キーワード近頃河原達引奉公人借宅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android