コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈浦里遺跡 くっぽりいせきKulp‘ori yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

くっぽりいせき【屈浦里遺跡 Kulp‘ori yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道雄基郡屈浦里西浦項洞にあり,朝鮮半島北東部における旧石器時代から櫛目文土器(新石器)時代,無文土器(青銅器)時代にわたる代表的集落遺跡。豆満江の河口に近く,造山湾に面した海岸部で,丘陵の西側山麓に立地する。1960年から64年にかけて,数次にわたり発掘調査された。旧石器時代では,下層の屈浦文化I期層から,石器製作所跡と推定される石材が配置された施設とともに,石英・巨晶花コウ岩を使ったチョッパー,刃器などが見つかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

屈浦里遺跡の関連キーワードウンギ(雄基)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android