コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈浦里遺跡 くっぽりいせき Kulp‘ori yujŏk

1件 の用語解説(屈浦里遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くっぽりいせき【屈浦里遺跡 Kulp‘ori yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道雄基郡屈浦里西浦項洞にあり,朝鮮半島北東部における旧石器時代から櫛目文土器(新石器)時代,無文土器(青銅器)時代にわたる代表的集落遺跡豆満江の河口に近く,造山湾に面した海岸部で,丘陵の西側山麓に立地する。1960年から64年にかけて,数次にわたり発掘調査された。旧石器時代では,下層の屈浦文化I期層から,石器製作所跡と推定される石材が配置された施設とともに,石英・巨晶花コウ岩を使ったチョッパー,刃器などが見つかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屈浦里遺跡の関連キーワード咸鏡北道北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国金策人民民主主義羅津冠帽峰脱北北韓舞水端里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone