屋代秀正(読み)やしろ ひでまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

屋代秀正 やしろ-ひでまさ

1558-1623 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)元年生まれ。はじめ武田勝頼。武田氏滅亡後いちじ上杉景勝に属し,のち徳川家康につかえる。豊臣秀吉の小田原攻めや徳川秀忠信濃(長野県)上田城攻めにしたがい,大坂の陣では旗奉行をつとめた。元和(げんな)9年閏(うるう)8月3日死去。66歳。信濃出身。本姓は室賀。名はのち勝永。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android