屋形号(読み)ヤカタゴウ

大辞林 第三版の解説

やかたごう【屋形号】

「屋形」という称号。室町時代、守護大名が特に許されて称した尊称で、これを得ていないと、召し抱えている武士に烏帽子えぼし・直垂ひたたれ・素襖すおうを着用させることができなかったという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やかた‐ごう ‥ガウ【屋形号】

〘名〙 屋形という称号。室町時代、特に許された守護大名が用いた称号。この称を得た大名は家臣に烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)、または素襖(すおう)などを着用させることができた。
※随筆・貞丈雑記(1784頃)二「山名赤松〈略〉河野是等の大名屋形号御免有て其主人を屋形と称する也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android