屋根職(読み)やねしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋根ふきの職人瓦屋根板屋根の場合は特に屋根職を必要としないが,草屋根檜皮葺 (ひわだぶき) の屋根には専門職人を必要とした。草屋根職人は初め農閑期を利用する旅職人が主で,親方に率いられる職人のグループがいくつも組織され,広く各地を巡回したが,のちには各地に地元屋根職が発生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋根を葺(ふ)く専門職人。屋根は古代から藁(わら)や板で葺いたが、瓦(かわら)を葺く瓦葺きと瓦を焼く瓦焼きという工人が8世紀にはいた。やがて檜皮(ひわだ)(木羽(こば)の檜の皮)を使うようになり檜皮葺きという職人が12世紀に生まれた。15世紀には瓦焼きと屋根葺きという職人がみられるが、この瓦焼きが屋根も葺いたのか、あるいは屋根葺きが瓦焼きもしたのかは不明である。17世紀からの屋根葺き・屋根師は瓦焼き・瓦師から瓦を入手して瓦葺きをした職人で、屋根屋ともいい、新規だけでなく葺き替えもした。今日の屋根職は、金属板以外の瓦、スレートなどの屋根葺きである。スレートは20世紀前半、金属板は第二次世界大戦後に多く使われている。トタン屋根は板金屋根葺き職・ブリキ職の仕事である。

[遠藤元男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android