コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋根職 やねしょく

2件 の用語解説(屋根職の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋根職
やねしょく

屋根ふきの職人。瓦屋根や板屋根の場合は特に屋根職を必要としないが,草屋根や檜皮葺 (ひわだぶき) の屋根には専門職人を必要とした。草屋根職人は初め農閑期を利用する旅職人が主で,親方に率いられる職人のグループがいくつも組織され,広く各地を巡回したが,のちには各地に地元屋根職が発生した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋根職
やねしょく

屋根を葺(ふ)く専門職人。屋根は古代から藁(わら)や板で葺いたが、瓦(かわら)を葺く瓦葺きと瓦を焼く瓦焼きという工人が8世紀にはいた。やがて檜皮(ひわだ)(木羽(こば)の檜の皮)を使うようになり檜皮葺きという職人が12世紀に生まれた。15世紀には瓦焼きと屋根葺きという職人がみられるが、この瓦焼きが屋根も葺いたのか、あるいは屋根葺きが瓦焼きもしたのかは不明である。17世紀からの屋根葺き・屋根師は瓦焼き・瓦師から瓦を入手して瓦葺きをした職人で、屋根屋ともいい、新規だけでなく葺き替えもした。今日の屋根職は、金属板以外の瓦、スレートなどの屋根葺きである。スレートは20世紀前半、金属板は第二次世界大戦後に多く使われている。トタン屋根は板金屋根葺き職・ブリキ職の仕事である。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋根職の関連情報