コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜皮葺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

檜皮葺

檜の樹皮で建物の屋根を葺く日本古来の工法で、通常は長さ75センチ程度にそろえた檜皮を少しずつずらしながら重ねていき、竹くぎで留める。優美な傾斜の曲線が出るのが特徴とされ、現代でも厳島神社や清水寺、善光寺など全国の社寺を中心に檜皮葺の建物が残る。平安時代末期の歴史書「扶桑略記」は、668年に建立された崇福寺(大津市)が檜皮葺だったと記し、これが記録に残る最古の例とされる。

(2008-10-26 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

檜皮葺の関連キーワードシンジュガイ(真珠貝)紫宸殿(ししんでん)倭漢荒田井比羅夫ウルトラ駅長たまクロチョウガイシロチョウガイ檜皮屋・桧皮屋若狭国分寺跡スミノエガキアコヤガイイタボガキ檜皮・桧皮宇佐鳥居平泉文化藤原家次向日神社吉水神社大社造り斎王宮跡校書殿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜皮葺の関連情報