コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜皮葺

1件 の用語解説(檜皮葺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

檜皮葺

檜の樹皮で建物の屋根を葺く日本古来の工法で、通常は長さ75センチ程度にそろえた檜皮を少しずつずらしながら重ねていき、竹くぎで留める。優美な傾斜の曲線が出るのが特徴とされ、現代でも厳島神社清水寺善光寺など全国の社寺を中心に檜皮葺の建物が残る。平安時代末期の歴史書「扶桑略記」は、668年に建立された崇福寺(大津市)が檜皮葺だったと記し、これが記録に残る最古の例とされる。

(2008-10-26 朝日新聞 朝刊 奈良全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

檜皮葺の関連キーワード茅葺き仮葺き草葺き杮葺き削ぎ葺き木賊葺き葺く屋根葺き檜皮葺き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檜皮葺の関連情報