屋良 朝苗(読み)ヤラ チョウビョウ

  • 屋良 朝苗 (やら ちょうびょう)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の教育者,政治家 元・沖縄県知事。



生年
明治35(1902)年12月13日

没年
平成9(1997)年2月14日

出生地
沖縄県中頭郡読谷村

学歴〔年〕
広島高師理科第二部〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
沖縄県功労章,沖縄タイムス賞,琉球新報賞,那覇名誉市民憲章,勲二等旭日重光章〔昭和57年〕,沖縄県特別功労者表彰〔平成4年〕

経歴
沖縄県立第一高女や台北師範などで教鞭をとり、戦後、知念高校長、沖縄群島政府文教部長を歴任。昭和27年沖縄教職員会創立、会長を16年間務め、また沖縄復帰運動に尽力した。43年革新に推され、初の公選で、琉球政府主席。47年復帰後初の沖縄県知事に当選。51年知事引退。沖縄精神衛生協会会長なども務めた。著書に「沖縄の夜明け」「私の歩んだ道」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
元・沖縄県知事

生年月日
明治35年12月13日

出生地
沖縄県中頭郡読谷村

学歴
広島高師理科第二部〔昭和5年〕卒

経歴
沖縄県立第一高女や台北師範などで教鞭をとり、戦後、知念高校長、沖縄群島政府文教部長を歴任。昭和27年沖縄教職員会を創立、会長を16年間務め、また沖縄復帰運動に尽力した。43年革新に推され、初の公選で、琉球政府主席。47年復帰後初の沖縄県知事に当選。51年知事引退。沖縄精神衛生協会会長なども務めた。著書に「沖縄の夜明け」「私の歩んだ道」がある。

受賞
沖縄県功労章 沖縄タイムス賞 琉球新報賞 那覇名誉市民憲章,勲二等旭日重光章〔昭和57年〕,沖縄県特別功労者表彰〔平成4年〕

没年月日
平成9年2月14日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1902年12月13日
昭和時代の教育者;政治家。沖縄県知事
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋良 朝苗の関連情報