屑物(読み)クズモノ

デジタル大辞泉の解説

くず‐もの〔くづ‐〕【×屑物】

使い古して、いらなくなったもの。廃物。「屑物入れ」
いいものを選び出したあとに残ったもの。商品価値のないもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くずもの【屑物】

使い古して不用になったもの。廃品。廃物。 「 -入れ」
(商品とする)値打ちのないもの。良い物を選んだ、残りの物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くず‐もの くづ‥【屑物】

〘名〙
① 使いふるして、いらなくなったもの。廃品廃物。くず。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉掃除人「掘り出した屑物の中に〈略〉優秀な手袋を片方だけ見附け」
② よいものを選び出したあとの、残りのもの。生糸や商品などの、下等品。
※朝日新聞‐明治一四年(1881)一一月一三日「今年の生糸は屑物(クヅモノ)とも合して二万

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屑物の関連情報