ぽんこつ(読み)ポンコツ

デジタル大辞泉の解説

ぽんこつ

自動車の解体。転じて、壊れかかった自動車。また一般に、使い古したり壊れたりしたもの。「ぽんこつの機械」
げんこつで殴ること。また、殴り殺すこと。
「―をきめられてヨ」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽんこつ

〔ポンとげんこつでなぐること〕 牛などを屠殺すること。 「四足をくいへゆわいつけられて-をきめられてよ/安愚楽鍋 魯文
老朽化、あるいは破損して、役に立たなくなった物。 「 -車」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぽんこつ

〘名〙
拳骨(げんこつ)でなぐること。また、なぐって殺すこと。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「四足くいへゆわいつけられてポンコツをきめられてヨ」
② 明治時代の洗濯業界で、木綿製の衣類などを、固定した木や石にたたきつけて汚れを取ること。また、その方法。
③ 使いものにならなくなった自動車の解体。また、それをする商売。転じて、中古の、こわれかかった自動車。一般に、老朽化し、廃品同様になったものにもいう。〔自動車の話(1953)〕
※ぽんこつ(1959‐60)〈阿川弘之〉兄の遺品「ぽんこつに出したくしゃくしゃの自動車は」
[語誌](1)①については、拳骨を西洋人が聞き違えていったボンコツの転か〔大言海〕とする説が有力であるが、「げんこつ」と英語 punish との混成語か。
(2)②は英語 pound cotton に由来するという。
(3)③は、挙例の阿川弘之の新聞小説「ぽんこつ」によって一般にひろまったもので、ポンポンコツンコツンと叩く音からできた語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽんこつの関連情報