コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屠蘇袋 トソブクロ

デジタル大辞泉の解説

とそ‐ぶくろ【××蘇袋】

屠蘇酒をつくるとき、屠蘇散を入れて酒・みりんに浸す袋。紅絹(もみ)または白絹を三角形に縫って作る。使ったあと、井戸に投げ込む風習があった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とそぶくろ【屠蘇袋】

屠蘇散を入れて酒や味醂みりんに浸す袋。紅絹もみまたは白絹を三角形に縫って作る。大晦日おおみそかの夜に井戸に吊るしておき、元旦に屠蘇に使ったあと井戸に投げ込んだ。 「丼と井戸に点うつ-/柳多留 101

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報