コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状含銅硫化鉄鉱鉱床 ソウジョウガンドウリュウカテッコウコウショウ

デジタル大辞泉の解説

そうじょうがんどうりゅうかてっこう‐こうしょう〔ソウジヤウガンドウリウクワテツクワウクワウシヤウ〕【層状含銅硫化鉄鉱鉱床】

主に黄鉄鉱磁硫鉄鉱黄銅鉱などの集合体からなる層状の鉱床。海底火山活動による生成物が、広域変成作用を受けて形成されたものと考えられる。日本では愛媛県の別子銅山が典型で、別子型鉱床ともいう。キースラーガー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじょうがんどうりゅうかてっこうこうしょう【層状含銅硫化鉄鉱鉱床】

緻密ちみつ塊状の硫化物(黄鉄鉱・磁硫鉄鉱・黄銅鉱など)の集合体からなる層状の鉱床。海底火山活動に伴う噴気熱水による生成物と考えられ、広域変成作用を受けていることが多い。愛媛県別子べつし銅山は典型例。 → キースラーガー

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone