層状含銅硫化鉄鉱鉱床(読み)ソウジョウガンドウリュウカテッコウコウショウ

デジタル大辞泉の解説

そうじょうがんどうりゅうかてっこう‐こうしょう〔ソウジヤウガンドウリウクワテツクワウクワウシヤウ〕【層状含銅硫化鉄鉱鉱床】

主に黄鉄鉱磁硫鉄鉱黄銅鉱などの集合体からなる層状の鉱床。海底火山活動による生成物が、広域変成作用を受けて形成されたものと考えられる。日本では愛媛県の別子銅山が典型で、別子型鉱床ともいう。キースラーガー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじょうがんどうりゅうかてっこうこうしょう【層状含銅硫化鉄鉱鉱床】

緻密ちみつ塊状の硫化物(黄鉄鉱・磁硫鉄鉱・黄銅鉱など)の集合体からなる層状の鉱床。海底火山活動に伴う噴気熱水による生成物と考えられ、広域変成作用を受けていることが多い。愛媛県別子べつし銅山は典型例。 → キースラーガー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android