コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屯田兵村 とんでんへいそん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屯田兵村
とんでんへいそん

屯田兵によって形成された集落。日本では明治初期に北海道の開拓と北辺の警備,士族授産事業を兼ねて入植した開拓集落をいう。屯田兵村では1戸あたり約 5haの土地と共有地が与えられ,開墾の成功後は自作農として自立することができた。規模は約 200戸を1中隊として組織され,これが集落構成の単位となった。耕地はアメリカのタウンシップの方式を取入れ,整然たる碁盤目状の土地割が実施された。札幌市西区の琴似 (ことに) ,室蘭市輪西 (わにし) 町などがその例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

屯田兵村の関連キーワードハミルトン(ニュージーランド)北海道札幌市西区琴似二条琴似屯田兵村兵屋跡北海道札幌市西区網走(支庁)秩父別(町)秩父別[町]上湧別[町]和寒(町)剣淵[町]旭川[市]美唄(市)江別[市]士別(市)竹村 まや滝川(市)和寒[町]士別[市]滝川[市]旭川(市)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屯田兵村の関連情報