コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屯田兵 とんでんへい

7件 の用語解説(屯田兵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屯田兵
とんでんへい

中国屯田制にならって平時農耕に従事し,戦時に兵務に従事する辺境防備の農兵。明治維新以後,北海道開拓のため派遣されたものに対して特に用いられた。ロシア南下政策に対抗するため,開拓使次官黒田清隆は,士族授産と現地警備力の増強を兼ねて開拓民を士族から募集することを建白し,裁可された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

屯田兵

開拓使は1874(明治7)年、開拓や北の守りを目的とする軍隊の創設を決定。翌年、琴似に208戸が入村した。その半数は仙台藩の亘理、4分の1は会津藩の出身者だった。道内には旭川や根室など37の屯田兵村ができ、家族を合わせて約4万人が入植した。

(2015-11-16 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とんでん‐へい【屯田兵】

土着して平時は農業に従事している兵。
明治政府が北海道の開拓と警備のために設置した農兵。明治8年(1875)から同37年まで続いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屯田兵【とんでんへい】

北海道の警備・開拓に従事した農業兼務の兵団。1874年屯田兵例則により北海道の治安維持・開拓促進と士族授産のため全国各地の士族を動員。初めは警備に重点が置かれたが,次第に開拓事業が主務となり平民も募集され,約7万5000町歩を開墾。
→関連項目上川盆地北[区]琴似滝川[市]当麻[町]西[区]美唄[市]深川[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とんでんへい【屯田兵】

1875年から1904年にわたって,北海道の警備・治安にあたることと農業開拓との二つの任務を兼ねた土着の兵団。1874年10月の屯田兵例則にもとづき,翌年札幌郊外に琴似兵村がつくられたのが初めで,以後山鼻,江別,篠津,野幌,新琴似など札幌の周辺や輪西(室蘭近傍),和田(根室近傍),太田(厚岸近傍),滝川などに士族を成員とする兵村がおかれた。1兵村の基準構成は200戸1中隊で,兵員と家族のための兵屋と将校・下士官のための官舎,中隊本部や学校,社寺,商店のための敷地その他の付属施設のほか,およそ兵員当り0.5haから3ha程度の支給耕地を備えたが,支給地の開墾を終わったものには追給地が与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とんでんへい【屯田兵】

明治初期、北海道の開拓・警備と失業士族の救済の目的で政府により奨励され、家族的移住を行なった農兵。北海道開拓に重要な役割を果たした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屯田兵
とんでんへい

明治期の北海道に配備された、同地の警備と開拓を目的とする土着兵。平時は農耕に従事し、有事の際は軍隊を組織して参戦した。対露問題を抱えた開拓地北海道には、明治初年若干の警備兵が函館(はこだて)に配置されているのみであった。このため開拓使は、政府に常備兵の配置を要求したが、当時の窮迫した財政事情のもとでは実現は困難であった。その打開策として提起されたのが屯田兵制度の創設である。1873年(明治6)11月、開拓次官黒田清隆(きよたか)は、東北地方の士族で「強壮ニシテ兵役ニ堪ユヘキ者」を北海道に挙家移住させ、「且(かつ)耕シ且守ル」ことを骨子とした屯田兵設置の建議を政府に提出し、ほぼ全面的に容認された。開拓使は屯田兵例則を定めるとともに屯田事務局を設け、75年道内および青森、酒田(さかた)、宮城の東北3県士族から屯田兵を募集、198戸、965人を選抜して琴似(ことに)兵村(現札幌市内)に移住させた。76年にも東北5県から275戸が山鼻(やまはな)兵村(同上)などに移住し、両兵村で第一大隊を編成した。屯田兵には、移住旅費、家具、農具、兵屋のほかに、移住後3年間は米、塩菜料が支給されたが、馬鈴薯(ばれいしょ)や雑穀を常食とする者も多く、一般の移民からも「薯(いも)屯田」とよばれた。このほか農耕地(約1.67町、のち3町)の給与や小銃など武器の貸与がある屯田兵は、典型的な保護移民であり、82年の開拓使廃止時には予算不足もあって509戸、墾成地662町と計画を下回っていたが、3県時代以後徐々に拡充された。86年北海道庁が設立され、88年永山武四郎(ながやまたけしろう)屯田兵本部長が第2代道庁長官を兼任すると、その下で屯田兵の大幅な増強と制度的改革が計画され、90年服役期間の改正、応募資格の士族から平民への拡大、騎・砲・工兵の特科隊新設が実現した。91年以降、兵村はおもに内陸の上川(かみかわ)盆地(旭川(あさひかわ))を中心に設置され、従来の士族授産的屯田から農業開拓に重点を置く平民屯田の方式に転換し一定の成果をあげた。しかし日清(にっしん)戦争開始後の95年、屯田兵主体の臨時第七師団が編成され、翌年正式に設置された。また、道庁時代になると、北海道移民もしだいに増加傾向をみせ、このため屯田兵の募集は1900年(明治33)以降中止され、現役兵が皆無となった04年には、屯田兵条例も廃止された。屯田兵の移住総数は37兵村で、計7337戸3万9911人(1875~99)である。[桑原真人]
『上原轍三郎著『北海道屯田兵制度』(1914・北海道庁)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屯田兵の関連キーワードコタニワタリ(小谷渡り)地震の巣宿学谷渡り見渡す其処となしラキ余効変動短期払込保険北海・バルト海運河

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屯田兵の関連情報