山下友枝(読み)やました ともえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下友枝 やました-ともえ

1901-1979 昭和時代の部落解放運動家。
明治34年9月1日生まれ。母の実家山下家の養女となる。大正9年佐々一を婿にむかえ,夫婦ともに部落解放運動をすすめる。戦後は郷里愛媛県の岩松町(のち合併して津島町)町会議員を連続8期,24年間つとめた。部落解放同盟愛媛県連委員長,解放同盟中央委員。昭和54年4月12日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android