コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下竹斎 やました ちくさい

美術人名辞典の解説

山下竹斎

日本画家。京都生。名は覚太郎。山元春挙に師事し、円山派を学び山水画を得意とする。文展特選・無鑑査。帝展委員。昭和48年(1973)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下竹斎 やました-ちくさい

1885-1973 明治-昭和時代の日本画家。
明治18年7月17日生まれ。山元春挙にまなぶ。明治44年文展に「漁歌」が初入選,大正5年には「桃の里」が特選。昭和2年帝展委員となる。春挙ゆずりの風景画を得意とした。昭和48年死去。88歳。京都出身。本名は覚太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山下竹斎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android