コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驟雨 しゅううrain shower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

驟雨
しゅうう
rain shower

対流性の雲(積雲積乱雲)から急に降り始め,まもなく降りやむにわか雨ともいい,降り方の強さも急激に変化する。夏の夕立や雷雨,寒冷前線の通過時の雨が典型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐う〔シウ‐〕【×驟雨】

急にどっと降りだして、しばらくするとやんでしまう雨。にわか雨。夕立。 夏》「地下鉄道―に濡れし人乗り来る/誓子
[補説]書名別項。→驟雨

しゅうう【驟雨】[書名]

吉行淳之介の小説。昭和29年(1954)発表。同年、第31回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

驟雨【しゅうう】

にわか雨(俄雨)または村雨(むらさめ)とも。急に降り出してまもなくやんでしまう雨。一様に長く降る地雨(じあめ)の対。対流性の雲から降る。層状の雲から降る雨が持続性をもつのに対し一時的なのが特徴。
→関連項目スコール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうう【驟雨】

にわか(俄)雨または村雨(むらさめ)ともいい,しとしとと降る地雨に対するものである。比較的大粒の雨が断続的にザーザー強く降る。夏の夕立や,寒冷前線または台風が近寄ったときに,対流雲(積乱雲など)より降る雨がそれにあたる。【内田 英治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうう【驟雨】

急に降り出し、強弱の激しい変化を繰り返しながら、急に降り止む雨。前線または雷雨に伴われたものが多い。にわか雨。夕立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の驟雨の言及

【雨】より

…雨とは雲中でつくられた雨滴が地表に降る現象であるが,日常生活をはじめ,集中豪雨,雪,台風などの災害や農業・産業との関連を含めて,雨は人間の社会生活に深いつながりをもっている。
【雨の科学】

[雨滴]
 雲粒のうち半径約100μm(=0.1mm)以上の大粒を雨滴と呼んでいる。ただし,半径2~3mmになると,雨滴は分裂するので上限はせいぜいこれくらいである。したがって,雨滴の下限は半径100μm,上限は2~3mmとなる。…

※「驟雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

驟雨の関連情報