山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し(読み)サンチュウノゾクヲヤブルハヤスクシンチュウノゾクヲヤブルハカタシ

デジタル大辞泉の解説

山中(さんちゅう)の賊(ぞく)を破るは易(やす)く心中(しんちゅう)の賊を破るは難(かた)し

王陽明の「与楊仕徳薛尚誠書」から》山中に立てこもっているを討伐するのはやさしいが、心の中の邪念に打ち勝つことはむずかしい。自分の心を律することは困難であるというたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんちゅう【山中】 の 賊(ぞく)を破(やぶ)るは易(やす)く心中(しんちゅう)の賊(ぞく)を破(やぶ)るは難(かた)

(「王陽明‐与楊仕徳・薛尚誠書」の「某向在横水、嘗寄書仕徳云、破山中賊易、破心中賊難。区区翦除鼠竊、何足異。若諸賢掃蕩心腹之寇、以収廓清平定之功、此誠大丈夫不世之偉績」から) 山中にたてこもる賊を打ち破るのはたやすいことだが、心中の邪念に打ち克つことはむずかしい。自らを律することの困難であることのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報