コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中鹿之介 やまなかしかのすけ

2件 の用語解説(山中鹿之介の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やまなかしかのすけ【山中鹿之介】

1545?~1578) 戦国末期の武将。出雲の人。名は幸盛ゆきもり。尼子十勇士の一人。主家滅亡後もその再興に努めたが、播磨上月城で毛利氏に捕らえられ、連行途中、備中で殺されたといわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山中鹿之介
やまなかしかのすけ

山中幸盛」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中鹿之介の関連キーワード柳原資定山中鹿之助御館の乱赤井勝連大内義尊狩野祐雪寸法斎辻盛昌本庄慶秀メーニャ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone