コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山勢松韻(初代) やませ しょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山勢松韻(初代) やませ-しょういん

1845-1908 幕末-明治時代の箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)2年7月28日生まれ。山田流山勢家3代家元。2代山勢検校(けんぎょう)にまなび,山清勾当(こうとう),山勢勾当をへて松韻を名のる。文部省音楽取調掛,東京音楽学校(現東京芸大)教授をつとめた。明治41年9月9日死去。64歳。江戸出身。本名は吉田専(千)吉。名は慶賀一。作品に「都の春」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山勢松韻(初代)の関連キーワード山勢 ふく明治時代箏曲弘化

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android