山口弘封(読み)やまぐち ひろくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口弘封 やまぐち-ひろくに

1808-1869 江戸時代後期の大名。
文化5年生まれ。山口弘致(ひろむね)の次男。文政12年常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)藩主山口家9代となる。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)で藩財政が悪化,天保7年から再建策をとるが成果があがらず,10年病気を理由に弟弘毅(ひろたか)に家督をゆずり隠居。明治2年7月14日死去。62歳。号は閑寿斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android