山口弘致(読み)やまぐち ひろむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口弘致 やまぐち-ひろむね

1781-1829 江戸時代中期-後期の大名。
天明元年生まれ。山口弘道の次男。義兄山口弘務(ひろちか)の養子となり,天明7年常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)藩主山口家8代。天明の飢饉(ききん)克服後,囲い米制をおこなう。文化元年藩内で助郷課役の増加に反対する牛久助郷一揆(いっき)がおこる。大坂加番,大番頭(おおばんがしら),大坂定番をつとめた。文政12年8月12日死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android