コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口重政 やまぐち しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口重政 やまぐち-しげまさ

1564-1635 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)7年2月25日生まれ。関ケ原の戦いの功で慶長6年大名となるが,18年姻戚(いんせき)関係にあった大久保忠隣(ただちか)の失脚で改易寛永6年遠江(とおとうみ)(静岡県),常陸(ひたち)(茨城県)内に1万5000石をあたえられ,常陸牛久(うしく)藩主山口家初代となった。寛永12年9月19日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山口重政 (やまぐちしげまさ)

生年月日:1564年2月25日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1635年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の山口重政の言及

【山口氏】より

…近世大名。周防国の出身。重政は1591年(天正19)より徳川家康に仕え,5000石を知行。1601年(慶長6)1万石に加増されて大名となる。11年にも5000石加増されるが,のち勘気をうけ一時除封。しかし28年(寛永5)召しかえされ,翌年1万5000石を賦与,奏者番となる。32年分知して1万石余,のち陣屋を常陸牛久に置き,以後幕末に至る。当主は従五位下但馬守,修理亮などに叙任。維新後は子爵。【大森 映子】…

※「山口重政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山口重政の関連キーワード山口弘隆山口重成生年月日牛久藩永禄良永

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android