山室 機恵子(読み)ヤマムロ キエコ

20世紀日本人名事典の解説

山室 機恵子
ヤマムロ キエコ

明治・大正期の社会事業家,婦人運動家



生年
明治7年12月5日(1874年)

没年
大正5(1916)年7月12日

出生地
岩手県花巻市

本名
佐藤

別名
別名=千里

学歴〔年〕
明治女学校〔明治28年〕卒

経歴
在学中の明治24年キリスト教教育家の植村正久から洗礼を受ける。教師となり、その傍ら「女学雑誌」編集や日本基督教婦人会矯風会書記などを務める。32年日本救世軍士官山室軍平と結婚して救世軍の廃娼運動に身を投じ、33年解放娼妓の更正施設東京婦人ホーム主任となって活躍。38年の東北飢饉に際しては人身売買を防ぐべく罹災地の子弟保護運動に乗り出し、保護した子弟の就業と授産・教育に尽くした。のち大都市に蔓延する結核対策のため療養所の設立を志し、教育者津田梅子らの協力を得て募金活動を行うが、その最中に過労で倒れ、大正5年救世軍結核療養所の完成間近に死去。夫との共著に「平民之福音」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山室 機恵子 (やまむろ きえこ)

生年月日:1874年12月5日
明治時代;大正時代の社会事業家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android