山宮雪楼(読み)やまみや せつろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山宮雪楼 やまみや-せつろう

?-? 江戸時代中期の儒者。
江戸の人。江戸の室鳩巣(むろ-きゅうそう),京都の三宅尚斎にまなび,出羽(でわ)亀田藩(秋田県)の儒官となる。のち武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)につかえる。享保(きょうほう)18年(1733)「皇統(こうとう)授受図」をあらわした。名は維深。字(あざな)は仲淵。通称は官兵衛。別号に翠漪。編著に「日本八朝記聞(はっちょうきぶん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android