コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山屋他人 やまや たにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山屋他人 やまや-たにん

1866-1940 明治-大正時代の軍人。
慶応2年3月4日生まれ。笠置艦長,海軍大学校長などをつとめ,戦術家として知られる。大正8年大将。第一艦隊兼連合艦隊司令長官,横須賀鎮守府司令長官を歴任し,11年軍事参議官。昭和15年9月10日死去。75歳。陸奥(むつ)盛岡出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山屋他人

没年:昭和15.9.10(1940)
生年:慶応2.3.4(1866.4.18)
明治大正期の海軍軍人。盛岡藩(岩手県)藩士山屋勝寿とヤスの長男。明治19(1886)年海軍兵学校を卒業,巡洋艦「高千穂」水雷長などを務め,29年海軍大学校へ入学。卒業とともに砲術練習所教官,海大教官に起用された。戦術家として評価は高く,いわゆる「T字戦法」は,山屋の考案した「円戦術」の発展改良であった。また海大教官として多用した兵棋盤による図上演習はその後の戦術教育の主流となり,鋭い戦術感覚を持つ多くの士官を生み出したという。海大校長などを歴任,大正8(1919)年大将,連合艦隊司令長官。皇太子徳仁親王の妃となった小和田雅子の曾祖父。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山屋他人の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android