コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡頭巾 ヤマオカズキン

デジタル大辞泉の解説

やまおか‐ずきん〔やまをかヅキン〕【山岡頭巾】

苧屑(ほくそ)頭巾」に同じ。
長方形の布を二つ折りにしてかぶり、後頭部のところを縫い合わせ、肩にかかるところにあきを作った頭巾。黒・茶などの八丈絹ビロードで仕立てて、主に武士が用いた。三角形の襠(まち)を入れたものや小鉤(こはぜ)掛けのものもあった。のちの防空頭巾はこれに綿を入れたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまおかずきん【山岡頭巾】

苧屑ほくそ頭巾 」に同じ。
苧屑頭巾に似た長方形の布を二つ折りにして後頭部を縫い合わせたもの。のちにはくさび形の襠まちのはいったものやボタン掛け・小鉤こはぜ掛けのものもできた。主に武士が黒・茶などの八丈絹やビロードで仕立てて用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山岡頭巾の言及

【被り物】より

…第4に片袖形の,頭部から肩をおおう頭巾。山岡頭巾と呼ばれる火事場や旅行用のもので,第2次大戦中の防空頭巾がこれである。江戸の武士はもっぱらこれを愛用した。…

【頭巾】より

…織田信長がこれを用いていたが,鷹匠も使ったという。このほか,江戸時代の武士がもっぱらかぶった山岡頭巾というものがある。これは同形の頭巾の後ろに大きな襠(まち)を入れてかぶりやすくし,顔側の左右に取り付けたひもを結んで着用した。…

※「山岡頭巾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山岡頭巾の関連キーワード苧屑頭巾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android