コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八丈絹 ハチジョウギヌ

デジタル大辞泉の解説

はちじょう‐ぎぬ〔ハチヂヤウ‐〕【八丈絹】

八丈島で織られる、多く平織りの絹織物。島内産の植物染料で、黄・鳶(とび)・黒などに絹糸を染めたもの。また、各地に産する類似の織物。黄八丈鳶八丈黒八丈など。
1匹の長さが8丈(約24メートル)の絹織物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はちじょうぎぬ【八丈絹】

八丈 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八丈絹の言及

【美濃国】より

…ところで,これらの美濃国の荘園公領で注目される特徴は,田地に絹何疋というかたちで年貢が賦課され,ほとんど例外なしに絹を中心として,糸を交えた年貢が納入されている点である。美濃国は,この点よりいえば,この時代中央との間がその特産物たる〈八丈絹〉でつながっていたといえるであろう。
[美濃の武士]
 中世の美濃国を主導した武士団は,清和源氏の一流で,美濃に土着した,いわゆる美濃源氏である。…

【ヤママユ(山繭)】より

…5月ごろから孵化(ふか)し,幼虫は約50日間クヌギ,ナラ,クリなどの水分の少ない葉を好んで食べ,4回脱皮した後,葉の間に緑色の繭を作る。繭から強伸度の高い良質の糸がとれるため,1720年ころから八丈島で八丈絹として織られ始め,1872年ころからは長野県の各地で放養育されるようになり,いわゆる山繭が生産されるようになった。ヤママユの糸すなわち天蚕糸は色素に染まりにくい特性をもつため,家蚕糸と混織し繊細な縞模様を出すのに用いられ,各種のちりめん(縮緬)織などに使われた。…

※「八丈絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八丈絹の関連キーワード寒河御厨伊豆諸島山岡頭巾秋田八丈菊多摺り八丈縞八丈織八端織茜部荘信太荘年貢頭巾八端八丈

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android