コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡 やまおか

4件 の用語解説(山岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岡
やまおか

岐阜県南東部,恵那市中西部の旧町域。 1955年鶴岡村と遠山村が合体して町制。 2004年恵那市,岩村町,明智町,串原村,上矢作町と合体して恵那市となった。美濃三河高原の小盆地にあり,土岐川の支流小里 (おり) 川が中央を流れ,山岡温泉,花田温泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまおか〔やまをか〕【山岡】

姓氏の一。
[補説]「山岡」姓の人物
山岡元隣(やまおかげんりん)
山岡荘八(やまおかそうはち)
山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やまおか【山岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山岡
やまおか

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧町名(山岡町(ちょう))。現在は恵那市の中西部を占める一地区。1955年(昭和30)遠山(とおやま)、鶴岡の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)恵那市に合併。旧山岡町は地域のまとまりが強いことが特徴で、合併後も地域づくりを行うためにNPO法人「まちづくり山岡」が設立されている。旧町域は、東濃(とうのう)高原上にあって、土岐(とき)川の支流小里(おり)川が西流し、明知(あけち)鉄道、国道363号、418号が通じる。特産の細寒天は全国生産の約90%を占め、冬季に寒天が刈り跡の稲田で乾燥される景観は風物詩となっている。原地区では陶土の原料土が採掘・精製されている。農業では、稲作を中心に、トマト、トウモロコシなどの栽培、酪農・畜産も行われる。[上島正徳]
『『山岡町史』(1984・山岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山岡の関連キーワード恵那岐阜県恵那市明智町岐阜県恵那市飯地町岐阜県恵那市岩村町岐阜県恵那市大井町岐阜県恵那市笠置町岐阜県恵那市串原岐阜県恵那市中野方町岐阜県恵那市東野岐阜県恵那市三郷町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山岡の関連情報