コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡 やまおか

4件 の用語解説(山岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岡
やまおか

岐阜県南東部,恵那市中西部の旧町域。 1955年鶴岡村と遠山村が合体して町制。 2004年恵那市,岩村町,明智町,串原村,上矢作町と合体して恵那市となった。美濃三河高原の小盆地にあり,土岐川の支流小里 (おり) 川が中央を流れ,山岡温泉,花田温泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまおか【山岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山岡
やまおか

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧町名(山岡町(ちょう))。現在は恵那市の中西部を占める一地区。1955年(昭和30)遠山(とおやま)、鶴岡の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)恵那市に合併。旧山岡町は地域のまとまりが強いことが特徴で、合併後も地域づくりを行うためにNPO法人「まちづくり山岡」が設立されている。旧町域は、東濃(とうのう)高原上にあって、土岐(とき)川の支流小里(おり)川が西流し、明知(あけち)鉄道、国道363号、418号が通じる。特産の細寒天は全国生産の約90%を占め、冬季に寒天が刈り跡の稲田で乾燥される景観は風物詩となっている。原地区では陶土の原料土が採掘・精製されている。農業では、稲作を中心に、トマト、トウモロコシなどの栽培、酪農・畜産も行われる。[上島正徳]
『『山岡町史』(1984・山岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山岡の関連情報