コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岳土 さんがくど mountain soil

1件 の用語解説(山岳土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

山岳土

山岳土は周囲の平原などと同じ特性を示す傾向があり,山岳ツンドラ,山岳チェルノゼム土などが含まれるが,薄く石質で一次的な風化作用をあまり受けていない鉱物に富む傾向がある.平原のない山岳では山岳草原土に対応した顕著な暗色の腐植に富む層があり,酸性反応を示し,断面を通して溶脱されている[Glinka : 1914, Robinson : 1932, Gerasimov & Glasovskaya : 1965].山岳土は山岳地域に分布する土壌の総称で,特定の土壌型ではない.岩屑土とほぼ同義語として用いられたが,レゴゾル,山岳湿草地土,山岳ポドゾルなども含まれる.山岳土は一般に急傾斜のために浸食を受けやすく,礫が多く土壌体も浅く,気候が寒冷なために生物的活性に乏しい[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山岳土の関連キーワード群系構造平野エンドトキシン沢瀉威信頼区間成分規格等張溶液ニコチンアミド当量ベック効果壁穴直し

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone