コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩屑土 がんせつど skeletal soil

3件 の用語解説(岩屑土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

岩屑土

未成帯の土壌で,はっきりとした土壌の形態や構造を示さず,岩石や鉱物破片の風化が新鮮なものから成り立っている.岩屑土は一般に山岳の急傾斜に限られる[U. S. Dept. Agriculture : 1938].母岩が主として物理的風化を受けて生成した礫質の土壌[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩屑土【がんせつど】

土層分化の未発達な未熟土壌。固結岩屑土リソゾル)と非固結岩屑土(レゴゾル)に区別される。前者は固結母岩に由来,後者は砂丘や氷河堆積物,浜砂,川砂,新期火山灰等に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩屑土
がんせつど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩屑土の言及

【土壌型】より

…ソロネッツがさらに洗脱作用をうけ,表層から粘土や交換性塩基,鉄やアルミニウムの酸化物などが減少し,白色薄片状の溶脱層が形成され,下方には粘土の集積層がみられるようになったものがソロチである。
[非成帯性土壌型]
 岩屑(がんせつ)土は土壌生成の発達がきわめて弱いため,肉眼でかろうじて識別できる程度の腐植層しかない未熟な土壌である。ケイ酸塩質の固結した岩石に由来するものを固結岩屑土,砂丘砂,火山灰,レスなどの非固結の岩石に由来するものを非固結岩屑土という。…

※「岩屑土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩屑土の関連キーワード酸性土壌成帯土壌集積土壌シフティング土壌土壌相土壌の構造ドリフト土壌ハイドロモルフィック土壌非成帯性土壌非成帯性泥炭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone