コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸蘭室 やまぎし らんしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸蘭室 やまぎし-らんしつ

1836-1874 幕末-明治時代の漢学者,新聞人。
天保(てんぽう)7年生まれ。山岸介庵(かいあん)の次男。父にまなび,陸奥(むつ)仙台藩(宮城県)の藩校養賢堂の教授となる。維新後は私塾荒巻書院をひらいて,国分青厓(せいがい)らにおしえる。太田有孚(ゆうふ)らと結成した知新社から,明治6年仙台で最初の新聞「官許宮城新聞」を創刊。明治7年9月12日死去。39歳。名は譲。字(あざな)は子厚。通称は修平。別号に玉田野史。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山岸蘭室の関連キーワード明治時代漢学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android