コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸蘭室 やまぎし らんしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸蘭室 やまぎし-らんしつ

1836-1874 幕末-明治時代の漢学者,新聞人。
天保(てんぽう)7年生まれ。山岸介庵(かいあん)の次男。父にまなび,陸奥(むつ)仙台藩(宮城県)の藩校養賢堂の教授となる。維新後は私塾荒巻書院をひらいて,国分青厓(せいがい)らにおしえる。太田有孚(ゆうふ)らと結成した知新社から,明治6年仙台で最初の新聞「官許宮城新聞」を創刊。明治7年9月12日死去。39歳。名は譲。字(あざな)は子厚。通称は修平。別号に玉田野史。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山岸蘭室の関連キーワードおもなお雇い外国人ビュヒナー(Karl Georg Büchner)自由民権運動わが祖国郡内騒動天保の飢饉薩埵徳軒タルカットニコライハウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone