山崎晃嗣(読み)やまざき あきつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎晃嗣 やまざき-あきつぐ

1923-1949 昭和時代後期の金融業者。
大正12年10月生まれ。陸軍主計少尉で終戦,東京帝大に復学して金融会社光クラブを設立。急成長をとげたが物価統制令違反で検挙される。債権者の取り立てにあい,破産前夜の昭和24年11月24日服毒自殺。27歳。三島由紀夫「青の時代」のモデル。千葉県出身。
【格言など】貸借法すべて清算カリ自殺(遺書)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android