コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎晃嗣 やまざき あきつぐ

1件 の用語解説(山崎晃嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎晃嗣 やまざき-あきつぐ

1923-1949 昭和時代後期の金融業者。
大正12年10月生まれ。陸軍主計少尉で終戦,東京帝大に復学して金融会社光クラブを設立。急成長をとげたが物価統制令違反で検挙される。債権者の取り立てにあい,破産前夜の昭和24年11月24日服毒自殺。27歳。三島由紀夫「青の時代」のモデル。千葉県出身。
【格言など】貸借法すべて清算カリ自殺(遺書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山崎晃嗣の関連キーワード金融界池田敏雄大場智満大平数子米谷半平近藤荒樹篠崎カヨ中井景馬場正雄森脇将光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎晃嗣の関連情報