コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎氏 やまざきうじ

1件 の用語解説(山崎氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきうじ【山崎氏】

近世大名,旗本。近江国の出身。片家(かたいえ)は織田・豊臣両氏に仕え,秀吉の下で摂津三田(さんだ)2万3000石を領有。その子家盛は1600年(慶長5)より徳川家康に属し,翌年因幡若桜(わかさ)(3万石)に移される。のち備中成羽(なりわ),肥後富岡(4万石)を経て,41年讃岐丸亀5万石。分知により4万5000石となり,57年(明暦3)治頼の死去により無嗣絶家となる。一方,讃岐国内で5000石分知された豊治は,58年知行を本家の旧領成羽に移封。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山崎氏の言及

【備中国】より

…家治は間もなく移封し39年(寛永16)水谷勝隆が5万石を領して入封したが,42年備中松山に移ったので廃藩となった。58年(万治1)より交代寄合の山崎氏(元藩主の分家)が5000石で成羽に陣屋を構えていたが,1868年(明治1)1万石余に高直しされ再び立藩した。さて,1672年(寛文12)岡山藩主池田光政は,その子政言(まさこと),輝録(てるとし)にそれぞれ備中国内で2万5000石,1万5000石を分与したが,これが岡山藩支封の外様小藩としての鴨方(かもがた),生坂(いくさか)両藩である。…

※「山崎氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎氏の関連キーワード経世大典五個荘白須賀近江のお兼蒲生賢秀観世大夫船屋形山の手奴山崎家盛山崎片家

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎氏の関連情報