コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎源太左衛門 やまざき げんたざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎源太左衛門 やまざき-げんたざえもん

1773-1846 江戸時代後期の武士。
安永2年10月11日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。剣徳流をはじめ武芸諸流をおさめ,捕縄術の大征流の祖となる。文化5年国後(くなしり)島などの警備にあたり,ペリー来航の際には藩の警備頭をつとめた。弘化(こうか)3年2月6日死去。74歳。名は郷義(さとよし),郷家,郷誼。号は半也。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山崎源太左衛門の関連キーワード山崎郷義

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android