山崎 安治(読み)ヤマザキ ヤスジ

20世紀日本人名事典の解説

山崎 安治
ヤマザキ ヤスジ

昭和期の登山家,山岳史家 日本山岳協会常務理事。



生年
大正8(1919)年11月13日

没年
昭和60(1985)年3月11日

出生地
神奈川県小田原

学歴〔年〕
早稲田大学法学部〔昭和17年〕卒

経歴
日本の積雪期登山の草分けの一人。昭和10年代に、早大山岳部の主力メンバーとして、穂高岳冠帽峰(北朝鮮)に極地法登山を展開、初登はん記録も作った。日刊スポーツ新聞社文化、整理各部長などを歴任。のち登山史研究に専念。著書に「登山史の周辺」「穂高星夜」「劔の窓」「山の序曲」「日本登山史」「登山史の発掘」など。訳書ウェストン日本アルプス・登山と探検」(共訳)、「エヴェレストとの闘い」「アンナプルナ南壁」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android