コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦栄子 やまびこ えいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山彦栄子 やまびこ-えいし

1838-1922 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)9年生まれ。江戸柳橋の舟宿藤岡の出身。十寸見河慶(ますみ-かけい)の門人河東(かとう)節を伝承し,おおくの女性の弟子をそだて,その一派は藤岡派とよばれた。大正11年11月10日死去。85歳。本名は大深てい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山彦栄子

没年:大正11.11.10(1922)
生年天保9(1838)
江戸後期から大正にかけての河東節の三味線方。本名大深てい。江戸柳橋の藤岡という船宿の出身。9代目十寸見河東とその妻山彦文子の弟子といわれ,幕末から明治のはじめごろに河東節を伝承し後世に伝えるという大きな役割を果たした。女性の弟子を多く育て,その一派は俗に藤岡派と呼ばれた。

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山彦栄子の関連キーワード山彦文子(初代)明治時代浄瑠璃没年るり

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android