コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳橋 やなぎばし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳橋
やなぎばし

東京都台東区南東端,隅田川に面する地区。江戸時代からの伝統をもつ料亭街として知られた。江戸通り沿いは,文房具,玩具などの問屋町

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やなぎばし【柳橋】

東京都台東区の地名。東を隅田川、南を神田川が流れ、神田川に柳橋が架かる。江戸時代から花柳街として繁栄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

柳橋【やなぎばし】

東京都台東区南東部,隅田川右岸,神田川北岸の地区。かつては神田川にかかる柳橋の南側もさした。江戸第1の花柳街で,明治以後もにぎわった。現在は料亭街をなし,浅草橋につづく西部地区は玩具(がんぐ),文房具などの問屋街として発展。
→関連項目婦系図船宿柳橋新誌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎばし【柳橋】

東京都台東区南東部の地名。柳橋1~2丁目からなる。1698年(元禄11)神田川が隅田川に流入する川口に橋が架けられ,川口出口の橋,川口橋と呼ばれていたが,西側に柳を植えた柳原の火除(ひよけ)土手ができてから柳橋と称するようになったという。一帯は両国広小路に隣接する交通の要地として栄え,柳橋の船宿からは吉原へ通う猪牙(ちよき)舟が出船し,また隅田川の涼み舟も往来した。神田川の両岸には料理茶屋が多く,万屋八郎兵衛(万八楼),亀屋清右衛門(亀清),梅川忠兵衛などの店は貸座敷も兼ねており,江戸文人の集会の場でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やなぎばし【柳橋】

東京都台東区南東部の地名。神田川と隅田川の合流点のすぐ上流にかかる橋の名にちなむ。江戸時代以降、花柳界として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳橋
やなぎばし

東京都台東(たいとう)区南東端の地区。地名は、神田(かんだ)川が隅田(すみだ)川へ流入する落口(おちぐち)に架けられた柳橋に由来する。現在地名は神田川北岸の台東区のみに残るが、対岸の中央区には明治初年以降元柳町の地名があった。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)から船遊びのための船宿が発生し、待合茶屋などの粋(いき)な遊び場、花街へと発展、明治、大正時代へと受け継がれた。関東大震災にあったが復興し、赤坂と並ぶ料亭街として繁栄したが、1960年ごろからの堤防嵩上げなどによる景観の変化もあり、料亭街は消滅した。江戸通り沿いに玩具(がんぐ)、文具などの問屋街が形成されている。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柳橋の言及

【芸者】より

…これには弾圧もあったが,江戸末期になると各地で芸者遊びが盛んとなり,辰巳(たつみ)芸者,羽織芸者とも呼ばれた江戸の深川芸者が意気と俠気(きようき)とを認められたのを始め,遊郭に代わる新興歓楽地として活況を呈した。明治以後の東京では深川にかわって柳橋が盛んになり,やがて政・官・財界をあげて,新橋を中心として〈待合政治〉をくり広げたため花柳界は大発展した。芸者屋も組合を作り温習会を催して売名と技芸の向上をはかった結果,国際的に〈ゲイシャ〉の名を広めた。…

【柳橋新誌】より

…3編は文部省から発行を差しとめられ,柳北と依田学海の序だけが伝えられて本文は散逸した。初編は,幕末の新興花街柳橋の風俗を縦横に活写し,そこに風流の真諦を求めようとする青年儒者の気概をこめる。2編は,短編小説ふうの挿話をつらねた構成で,維新後の柳橋を舞台に,薩長の政府高官の無風流を揶揄(やゆ)し,あわせて文明開化の卑俗浅薄な側面を辛辣に風刺しているが,その背後に流れているのは,中年を迎えた遊人の悲傷である。…

※「柳橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柳橋の関連キーワード福岡県福岡市中央区春吉麗々亭 柳橋(3代目)春風亭 柳橋(7代目)麗々亭 柳橋(5代目)麗々亭 柳橋(4代目)桃川 如燕(2代目)麗々亭柳橋(3代)愛知県新城市乗本春風亭 柳花東京都台東区目黒のさんま蔦清小松朝じ麗々亭柳橋長屋の花見山彦 栄子紫檀楼古木四宿の屁お見立て粗忽の釘大田錦城

柳橋の関連情報