コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡 ふじおか

6件 の用語解説(藤岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤岡
ふじおか

栃木県南部,栃木市南部の旧町域。利根川の支流渡良瀬川の下流部に位置する。1889年町制。1955年赤麻村,部屋村,三鴨村の 3村と合体。2010年栃木市,大平町,都賀町の 1市 2町と合体して栃木市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

藤岡
ふじおか

愛知県北部,豊田市北西部の旧町域。美濃三河高原上の三国山 (701m) の南東麓にある。 1978年町制。 2005年豊田市に編入。西隣の瀬戸市と豊田市の境に猿投山 (629m) があって,かつてはケイ砂,粘土の産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじおか【藤岡】[地名]

群馬県南部の市。もと市場町から発展。藤岡瓦の産地。平成18年(2006)1月、鬼石(おにし)町を編入。人口6.8万(2010)。

ふじおか【藤岡】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「藤岡」姓の人物
藤岡勝二(ふじおかかつじ)
藤岡作太郎(ふじおかさくたろう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじおか【藤岡】

群馬県南部の市。近世、中山道の脇街道の宿駅。藤岡瓦を特産。
栃木県南端、下都賀しもつが郡の町。渡良瀬川の河港・市場町として発達。南部に、遊水池がある。田中正造らは旧谷中村を遊水池とする土地買収に反対した。

ふじおか【藤岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤岡の関連情報