コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山手白人 やまての しろひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山手白人 やまての-しろひと

1737-1787 江戸時代中期の武士,狂歌師。
元文2年生まれ。評定所留役の旗本。天明狂歌壇のひとりで,四方(よも)側に属した。「徳和歌後万載集(とくわかごまんざいしゅう)」に序文をよせ,29首がのる。天明7年8月9日死去。51歳。本名は布施胤致。通称は弥次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山手白人の言及

【丼】より

…水に物を投げ入れたときの音をとっての名だというが,はっきりしない。この語は17世紀末ごろから見られ,おもにそばのかけや種物などを入れる器として用いられていたが,1781年(天明1),旗本布施胤致(狂名山手白人(やまのてしろひと))が洲崎の料亭主升屋宗助(ますやそうすけ)を自邸に招待したさいの献立書には,平鉢,大鉢などのほかに〈南京染付どんぶり〉の名が見えている。やがて飯の上にウナギの蒲焼をのせて,たれをかける〈うなぎ丼〉などが考案されると,簡便,美味なその方式が庶民の愛好するところとなり,《江戸名所図会》巻一〈中橋〉の図中に見られるごとく,〈丼物〉なる語を生むにいたった。…

※「山手白人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山手白人の関連キーワード

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android