コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山春永 やまの はるなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山春永 やまの-はるなが

?-? 平安時代前期の豪族。
肥前基肄(きい)郡(佐賀県)の擬大領(郡司候補)。新羅(しらぎ)人の珍賓長(ちん-びんちょう)と新羅(朝鮮)にわたり,兵器の製作技術をまなぶ。近隣の擬大領らと対馬(つしま)占拠をくわだてたが,貞観(じょうがん)8年(866)密告により露見した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android