コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本忠亮 やまもと ただすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本忠亮 やまもと-ただすけ

1842-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年6月生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党に属し,文久2年藩命により京都にいき,三条実美(さねとみ)の衛士となる。3年の七卿落ち,慶応元年の五卿の太宰府(だざいふ)遷移随従。肺をやみ,再起不能を知り,慶応2年5月8日自刃(じじん)した。25歳。名は正胤(まさたね)。通称ははじめ兼馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本忠亮の関連キーワード山本正胤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android