コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七卿落ち シチキョウオチ

デジタル大辞泉の解説

しちきょう‐おち〔シチキヤウ‐〕【七卿落ち】

文久3年(1863)8月18日の政変で、公武合体派に敗れた尊王攘夷派の公卿三条実美(さんじょうさねとみ)三条西季知(さんじょうにしすえとも)東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)壬生基修(みぶもとなが)・四条隆謌(しじょうたかうた)・錦小路頼徳(にしきこうじよりとみ)・沢宣嘉(さわのぶよし)の7名が、再挙を図るため京都を脱出、長州藩に落ちのびた事件。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

七卿落ち

一八六三(文久三)年八月一八日の政変に敗れ、京都から長州へ落ち延びた急進派の公卿。▽三条実美(さねとみ)、三条西季知(すえとも)、四条隆謌(たかうた)、東久世通禧(みちとみ)、壬生基修(もとなが)、錦小路頼徳(よりのり)、沢宣嘉(のぶよし)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しちきょうおち【七卿落ち】

1863年8月18日の政変で公武合体派に敗れて失脚した、尊攘急進派の公卿三条実美さねとみ・三条西季知すえとも・四条隆謌たかうた・東久世道禧みちとみ・壬生基修みぶもとなが・錦小路頼徳よりのり・沢宣嘉のぶよしが、京都を脱出して長州藩へ逃れた事件。翌年、再挙を図って「蛤はまぐり御門の変」が起こった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

七卿落ちの関連キーワード長谷川鉄之進東久世 通禧伊藤甲之助露木恒之進三条 実美山田 信道江坂元之助土方 久元南部甕男亀井茲監藤村紫朗春日潜庵河上弥市生野の変吉川経幹姉川栄蔵川勝寛治真木和泉土方久元山本忠亮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七卿落ちの関連情報