七卿落ち(読み)シチキョウオチ

デジタル大辞泉の解説

しちきょう‐おち〔シチキヤウ‐〕【七卿落ち】

文久3年(1863)8月18日の政変で、公武合体派に敗れた尊王攘夷派の公卿三条実美(さんじょうさねとみ)三条西季知(さんじょうにしすえとも)東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)壬生基修(みぶもとなが)・四条隆謌(しじょうたかうた)・錦小路頼徳(にしきこうじよりとみ)・沢宣嘉(さわのぶよし)の7名が、再挙を図るため京都を脱出、長州藩に落ちのびた事件。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

七卿落ち

一八六三(文久三)年八月一八日の政変に敗れ、京都から長州へ落ち延びた急進派の公卿。▽三条実美(さねとみ)、三条西季知(すえとも)、四条隆謌(たかうた)、東久世通禧(みちとみ)、壬生基修(もとなが)、錦小路頼徳(よりのり)、沢宣嘉(のぶよし)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しちきょうおち【七卿落ち】

1863年8月18日の政変で公武合体派に敗れて失脚した、尊攘急進派の公卿三条実美さねとみ・三条西季知すえとも・四条隆謌たかうた・東久世道禧みちとみ・壬生基修みぶもとなが・錦小路頼徳よりのり・沢宣嘉のぶよしが、京都を脱出して長州藩へ逃れた事件。翌年、再挙を図って「蛤はまぐり御門の変」が起こった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android