コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本新太夫 やまもと しんだゆう

2件 の用語解説(山本新太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本新太夫 やまもと-しんだゆう

1766-1841 江戸時代後期の治水家。
明和3年生まれ。阿波(あわ)(徳島県)三好郡芝生(しぼう)村の庄屋助役。庄屋平尾家の協力をえて,文政10年風呂谷用水を完成させ,吉野川中流左岸の3村約170haの田畑をうるおした。天保(てんぽう)12年4月13日死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本新太夫

没年:天保12.4.13(1841.6.2)
生年:明和3(1766)
江戸後期の篤農家。阿波国(徳島県)三好郡三野郷芝生村生まれ。芝生村庄屋助役を務め,一時太刀野村庄屋を兼帯した。芝生村は吉野川中流域の左岸で,北に竜王山をひかえる丘陵地のため水利に苦しんだ。文化3(1806)年の大旱魃後,新太夫は芝生村庄屋の平尾平兵衛,平尾三郎右衛門などの協力をえて,河内谷川の水を引く開削工事を始め,文政10(1827)年芝生・勢力・加茂野の3村を貫通する風呂谷用水を完成し,百七十余町の田畑をうるおした。藩儒新居水竹による用水碑(1861)が残る。<参考文献>『三好郡志』

(石躍胤央)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本新太夫の関連キーワード三好藍石三好汝圭阿波徳島篤農篤農家川真田徳三郎砂川野水多田宗太郎三好知新

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone