山本日下(読み)やまもと にっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本日下 やまもと-にっか

1725-1788 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)10年6月3日生まれ。山本玉岡(ぎょくこう),山本霞岳(かがく)の父。富永惟安(いあん),西依成斎(にしより-せいさい)にまなぶ。安永元年土佐高知藩家老深尾茂澄につかえ,家塾名教館(のち郷校に昇格)をひらいた。天明8年9月1日死去。64歳。土佐出身。名は鸞(らん)。字(あざな)は文翼。通称は仙蔵。著作に「論語私考」「日下詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山本日下 (やまもとにっか)

生年月日:1725年6月3日
江戸時代中期の漢学者
1788年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android